miho旅

1歳6ヶ月の娘と一緒に旅をしています。

ドイツ・ミュンヘンで、同じホテルに泊まっていた4歳の女の子。子供は大人以上に楽しみを見つけるのが上手。

f:id:mihotabi:20171016060548j:image

 

娘は、相手が子供だと分かって近づいていきます。
 

f:id:mihotabi:20171016055759j:image

 

女の子は、一生懸命英語で話しかけ笑わせてくれます。

 

2人は中庭に出て遊び始めます。

 

f:id:mihotabi:20171016180815j:image

 

女の子は、落ちている栗を拾って投げる遊びを娘に教えてくれます。

 

f:id:mihotabi:20171016180724j:image

 

拾っては投げ、拾っては投げて・・・。

簡単なことですが、娘にとっては初めてのことです。

 

f:id:mihotabi:20171016055953j:image

 

外は暗くなってきても、娘達は楽しそうに遊んでいます。

 

娘のことを、「My best friend JUJU (すず)ー」と呼んで仲良く遊んでくれる女の子。

 

f:id:mihotabi:20171016060023j:image

 

無邪気な子供は、嬉しいと思ったら素直に満面の笑みを浮かべ、喜びを身体で表します。

 

言葉は通じなくても、子供同士で仲良く遊ぶ姿は、見ていてほっと心が和みます。

 

 f:id:mihotabi:20171019073728j:image

 

もちろん言葉は重要です、いくら強調しても足りないくらい。


しかし、異文化コミュニケーションにおいて大切なのはまず相手のことを知ることと「交流したい」「相手と関わりたい」「仲良くなりたい」と思う気持ち。

 

子供達は言葉以外のメッセージを頼りに、言葉では伝わらない相手の気持ちを理解しているのか・・・

まさに「あうん」の呼吸でコミュニケーションを取っているかのようです。

 

言語は手段であって目的ではないです。

言葉が通じなくても友達が出来るんだと、無邪気な子供達を見ながら改めて考えさせられました。

 

f:id:mihotabi:20171019070455j:image